MENU

太陽光発電

農業を通じて発電事業

ソーラーシェアリングは未来の日本の農業の発展に光明です。これまで農家は農業収入だけで生きてきました。それも自然災害でゼロになることもあるのです。ソーラーシェアリングは農家に農産物の収穫量の安定と品質向上、効率的な営農を実現させ、プラス余った電力の売電収入という付加価値をももたらしたのです。

店内

理想の店舗を作るなら

名古屋では多くの店舗が存在しますが、多くの集客を得て売り上げをアップさせるためには店舗デザインはとても大切となります。良い店舗を作るためにはデザイン会社選びは慎重に行いましょう。在籍しているデザイナーの得意分野や実績もよく調べておきたいところです。

フェンス

錆びにくいのが特徴です

住宅の形状に合ったフェンスを設置したい人が増加しています。専門業者に依頼すると、豊富なデザインや素材のフェンスを取り扱っています。住宅に設置することで、近隣との境目を作ったり、目隠しをしてプライバシーを守れます。

葉っぱ

バイオマスを使う発電

バイオマス発電は、バイオマスと呼ばれる再生可能エネルギーを使った発電方法です。バイオマス発電では植物を由来とした燃料を使うので自然に優しく、またCO2も植物が吸収した量と燃焼により発生した量が同じであるためカーボンニュートラルというメリットもあります。

作業員

自動運転が買える世界

自動車の自動制御技術は20年以上前から導入されていました。当時は走ることへの自動制御を行うオートクルーズ機能のみでしたが、ブレーキの自動制御により自動運転が可能となりました。さらなる進化で安全への利点を得る一方で欠点もあり、今後の課題となります。

エネルギー効率を高める

作業員

制御することで省エネ化

省エネ化は、エネルギーを可能な限り使わないようにしてそれまで通りの機能を得るというものです。省エネ化は使用する機器そのものの電気消費量を減らす方法がこれまで行われて来ましたが、それも限界に達しています。そこでより可能な限り消費量を減らす方法として制御することで電気の消費量を抑えることが考えられています。制御すること自体は、省エネの考え方として古くからありますが、現代ではコンピューターの小型化と高性能化のほか各種センサーを用いることによって自動制御することにより手間なくエネルギーの消費量を抑える方法が使われるようになっています。自動制御を導入することにより、手動で制御するのと比べてそれを制御すべき人を雇う必要がないのでコストが掛かりません。また自動制御で肝となるのがセンサーの存在です。各種センサーが、状況を把握して需要を見ながら機械を作動させるためエネルギー効率は極めて高くなり無駄を大幅に省くことができるのでさらなる効率化が可能です。一方でこれまでの自動制御としてば大規模なビルディングなどで使われてきたものですが、住宅用途にも使われるようになっています。特に太陽光発電やエコキュート、EVやPHVといった大容量の電気を使用した自動車などと組み合わせることでよりエネルギーの無駄を省くことができます。これらの住宅用にも使える自動制御の仕組みは中小企業でも導入が可能で、少しでもエネルギーに対する経費を減らすことができます。