MENU

バイオマスを使う発電

葉っぱ

種類はさまざま

バイオマスとは、生物を意味するバイオ(Bio)と量を意味するマス(mass)からなる造語です。バイオマス発電はこの生物由来のものを燃料として発電するもので、化石燃料以外のものを使った再生可能エネルギーになります。基本的な発電方法は火力発電所方式でバイオマスを燃料として水を沸騰させて蒸気を作り、蒸気を使ってタービンをまわして発電を行います。バイオマス発電の燃料としては木材や生ゴミ、家畜などの屎尿などです。木材の場合にはチップやペレットにして直接燃焼する方式が主流ですが、燃やしやすいように加工する必要があります。一方で生ゴミや家畜などの屎尿を使う場合には直接可燃するには水分を多く含んでおり不適切ですが、発酵させることで可燃性ガスを作ることができます。この発生したバイオガスを使ってガスタービンを動かして発電します。また発酵が完了したものは堆肥として使用することができます。バイオマス発電のメリットは再生可能エネルギーの中では安定的に発電することが出来ることです。また燃料の由来はCO2を吸収して成長した植物ですので燃焼してCO2を排出しても吸収した量と発生した量が同じであるためカーボンニュートラルになります。またバイオマス発電の燃料は国内に豊富にあり十分な資源が確保できる場合には長期間にわたって効率的な再生可能エネルギーを使った発電を行うことができ、また民間の事業としても成り立つ発電方法です。