MENU

農業を通じて発電事業

太陽光発電

新しい農業の形です

ソーラーシェアリングとは営農しながら太陽光発電業も営むことを言います。日本の農家が抱える諸問題を解決できる可能性を秘めた一代事業なのです。単に農業を営むのではなくソーラーシェアリングを通じて付加価値を生める画期的なシステムで、再生可能エネルギーと地域の農業活性化が両立できるようにで、自治体と農家が連携して現在取り組んでいるのです。農作物は作物は光合成に使用する太陽光の量に上限があります。それを超える太陽光を活用することでソーラーシェアリングが成立するのです光合成を好む作物をはじめ、太陽光を遮断することを好む、椎茸やキクラゲなども栽培されています。一般に農地には区分があり、生産性の高い好条件の農地は第一種農地と呼ばれ、その好条件のため転用が認められず、太陽光発電の設置は原則認めていません。しかしソーラーシェアリングなら、それが可能になるのです。太陽光発電の下でも周辺の営農に影響がない、収穫量や品質が安定している、農産物の生産に支障がないなどの条件がクリアーされればソーラーシェアリングを導入しても問題ないということなのです。これにより余った電力は売ることも可能になり、売電収入も増えるのです。昔から日本は自然災害で農作物がだめになるなど環境が厳しい国です。しかしソーラーシェアリングであれば安定した農作物の収穫が望めるわけです。これにより農業収入に頼っていた農家が収入を増やし日本の農業を支えて行けるのではと熱い期待が高まっているのです。